観葉植物は植物を育てるという楽みの他にそれ自体がインテリアともなるとても重宝なものになります。


その観葉植物を置いた時にはできるだけ長く楽しみたいとか、大きく育つものなら育ててみたいと思います。


一般的なことでは植物には毎日の水やりが必要だと思いますが、観葉植物には毎日の水やりが必要ですとある場合は別ですが、ほとんどの場合は土が湿っている間は水やりをすることは不要です。


中でも多肉植物やサボテンなどは水をやり過ぎると根腐れを起こしてしまい、それが原因で枯れてしまう時もあります。

造花レンタルの情報をご説明します。

水やりは鉢の表面が乾いてきた時に、鉢受けに水が溜まるほどにたっぷりとします。

そして、育てて行く内に春や秋には成長するので、株分けや枝切りなどをその季節にします。夏や冬には観葉植物は休眠のじきなので傷つけるとうまく回復しなくなります。

追肥や鉢を大きく変えるのも春や秋が適切です。

観葉植物のリースがどんなものかご存知ですか。

観葉植物は年々大きく成長していきます。

それなのでいつまでもずっと買った時と同じ鉢で育てていくのは鉢の中で根が絡まって腐る時があります。

見た目が大きくなってきたなと感じ始めたら、季節は春や秋にして植え替えをするとまた成長をスムーズにします。

伸びすぎてきた部分を剪定することも大切です。


形が変わってきた時などに切り落とします。

その切るのは伸びてきた部分を少し残して先の所を切ります。

かなり小さくなりますが、また、新しい芽が出てきますのでカットをします。



その時に根が大きくなっていたらそれもカットをします。